別人

俺の脳ミソ レヴォリューション
ぶちこめ最強ミサイル
ひとっかけらもなく 木っ端微塵

生み落とす精鋭 コミュニケーション
感じる鮮烈 バイブレーション
打ち砕くけちくさい プレッシャー

Oh!俺は別人
Oh!見知らぬ別人
Oh!今夜別人
Oh!無敵の別人
20世紀末 流れ出してる夜 夜 夜......

はき出す蓄積 フラストレーション
巻き起こす 一大センセーション
詰め替える俺の脳細胞

奴等の宇宙へ デモンストレーション
つきさせ最新 インフォメーション
打ち上げる空飛ぶ メッセージ

Oh!俺は別人
Oh!見知らぬ別人
Oh!今夜別人
Oh!無敵の別人
20世紀末 流れ出してる夜 夜 夜......

俺の脳ミソ レヴォリューション
ぶちこめ最強ミサイル
ひとっかけらも無く 木っ端微塵



































カビ

夏に冬を過ごし 冬に夏を感じる
インテリアの植物園でも心なごむ

気持ち沈む日のワイン 身体もたぬ日のビタミン
ビデオとオーディオセットで夜を越せる

まぎれ込んだ幸福<しあわせ>なら失いたくない
生まれながらの不幸福<ふしあわせ>なら逆手に取っとく
めぐまれてる分だけ やさしく出来る

カビの生え出す頭 カドの取れ出す頭
メカニックにたけてりゃ そりゃ暮らしも高まる......が

まぎれ込んだ 幸福<しあわせ>なら失いたくない
生まれながらの不幸福<ふしあわせ>なら逆手に取っとく
めぐまれてる分だけ やさしく出来る

うまくいかない事 人のせいにしとく
プラトニックの女達じゃ 腰もうずく

夏に冬を過ごし  冬に夏を感じる
インテリアの植物園でも心なごむ

黴 華美 過美 黴 華美 過美
黴のの生えだす頭 角のとれ出す顔

黴 華美 過美 黴 華美 過美
美し過ぎて君がこわい



















BGM

ポップスを書かねえと ポップスを唄わねえと
甘いメロディー とろける節まわし 小娘達が聴き惚れそーなポップス

ポップスを書かねえと ポップスを唄わねえと
甘い言葉 ほろ苦い云いまわし ドライブがてらに心地の良いポップス

さみしさ売って情けを買おう
まじめはみじめ 明るい振舞い
醜さ隠して 綺麗にやろう

ポップスを書かねえと そうだ ポップスを唄わねえと
夏に浜辺 冬にゲレンデ ジュークボックスから 流れるような

ポップスを書かねえと ポップスを唄わねえと
レコード会社に 売込みに行こう いっぱつ当てて 家でもぶっ建てよう

さみしさ売って情けを買おう
まじめはみじめ 明るい振舞い
醜さ隠して 綺麗にやろう

ポップスを書かねえと ポップスを唄わねえと
ヒットチャートをかけ上がるやつ 恋人達へステキなBGM

ポップス ロリポップス ポップス
甘くて可愛いポップス ロリポップス

甘くて綺麗な おしゃれなポップス
甘くて可愛い ファッショナブル ポップス
骨抜きポップス 毒抜き ミュージック
骨抜き毒抜き ミュージック SOULの無い ミュージック
甘くて綺麗な ゴージャスミュージック
ポップなミュージック 安全ミュージック ロリポップなミュージック
ちんけなミュージック タレントミュージック
ポップなミュージック ミュージック 綺麗な 大好きな...  

































ティーンエイジャー

ティーンエイジャーだった頃のように
ボーイフレンドにしておくれよ

ダンスに映画 クリスマスパーティー
抱きしめたい気持ちだけで良かった
ねえ ボーイフレンドに戻らせて今夜

ティーンエイジャーだった頃のように
ガールフレンドになっておくれよ
恋に落ちたら恋する二人
他に何もいらなかった
ねえ ガールフレンドに戻ってよ

学校は卒業したけれど
ハッピーバースデイは重ねているけど
何を卒業したんだ.....

ティーンエイジャーだった頃のように
夏なら おまえはサーファーガール
俺は無理して ビーチボーイ
月の渚でまた恋に落ちるのさ

ねえ ボーイフレンドに戻らせて 今夜
ねえ ガールフレンドに戻ってよ 唯の
ねえ ボーイフレンドに戻らせて もう一度
ねえ ガールフレンドに戻ってみてよ


































秘密

ヒミツを持とう 二人だけの おまえと俺だけのヒミツを
匿し事をしよう いい事企てよう 他の誰にも暴かれぬような
ヒミツを持とう 今日から 二人だけが知ってるヒミツを
隠れ蓑を着よう 口裏合わせよう 奥歯に物を挟んでしゃべろう


Ah おまえを愛してる Ah おまえだけ愛してる
Ah たった一人 愛してる


ヒミツを守ろう 二人で 永遠なる二人のヒミツを
いい逃れ探そう 狭い心持とう 腹を割らずに彼等と話そう


Ah おまえを愛してる Ah おまえだけ愛してる
Ah たった一人 愛してる....

Ah おまえを愛してる Ah おまえだけ愛してる
Ah たった一人 愛してる.... ヒミツを持とう....
腹を割らずに彼等と話そう


































打破

変りばえのしねえ 判で押した毎日
いい加減 打破 打破 打破
世界中のヤバイNEWSも 茶の間のTVで知る
14インチ分程度のNEWSさ


退屈しのぎにゃ 他人の不幸をのぞく
俺にゃ痛くもかゆくもねーもんな


欲しいものは手に入るし 欲しくねーものも目に入る
沁<し>み込んでる 贅沢三昧


退屈しのぎにゃ 他人の不幸をのぞく
俺にゃ痛くもかゆくもねーもんな


俺の出来る事といやぁ 紙の上で唄を描きあげ
ロックバンドで騒ぐ事ぐらいさ


変りばえのしねえ 判で押した毎日
いい加減 打破 打破 打破
いい加減 打破 打破 打破
いい加減 打破 打破 打破


































早く帰りたいPARTⅡ


メインストリートじゃ ならず者達は締め出され
追い払われ 差別され区別され
やり直そうとすれば 古傷までなめまわされる
Ah! 早く帰りたい Ah! 早く帰りたい

バックストリートじゃ 欲をむさぼる奴等が
招き入れ陥し入れ だましてもうけて あぶく銭の中で
世間をいつも笑っていやがる
Ah! 早く帰りたい Ah! 早く帰りたい

ふざけた上司は 力の無い下っぱをおだてて 使って持ち上げ吸い上げ
ガタがくりゃ その日のうちにもお払い箱にしやがる
Ah! 早く帰りたい Ah! 早く帰りたい

ふざけたガキは要領覚え 楽してさぼって文句たらして遊んで
おいしい話を耳にすりゃ その日のうちにもずらかっちまいやがる
Ah! 早く帰りたい Ah! 早く帰りたい


新し物好き流行物に手を出す
ニューヨーク ロンドン ベルリン ジャマイカ パリ
誰より早くキャッチすることこそ
奴等の価値となる
Ah! 早く帰りたい Ah! 早く帰りたい

新し物好き流行<はやり>物に手を出す 仕来<しき>たり 慣わし 常識 格式
はみ出した新しさにゃ 非常識のレッテル貼りやがる
Ah! 早く帰りたい Ah! 早く帰りたい

名前の無いストレイキャッツは 飯の種を求め頭を下げ しっぽを振り
こびまくって へつらって生き延びていくため腐った肉さえ争い喰いちぎりあさる
Ah! 早く帰りたい Ah! 早く帰りたい

毛並のいいサラブレッドは飯の種にあふれ
腹を満たし 欲を満たし 太って 着飾って
暑さ寒さなど窓の外の出来事 いつだって
Ah! 早く帰りたい Ah! 早く帰りたい.....

































MY HOME

狭いながらも
楽しい我が家さ
まして二人なら

ここでこそ俺は 
晴れて自由の身さ
誰の目も届かぬ

窓の外 輝く物すべてここなら
みんな俺だけの物さ

バイバイ世の中
ハロー スウィートマイホーム
社会もへったくれもねぇ

星も月も風も夜の静けささえ
みんな俺だけの物さ

狭いながらも
楽しい我が家さ

おまえの胸で眠るさ
おまえの胸で眠るさ
おまえの胸で眠ればいい

































月夜のハイウェイドライブ


月夜のハイウェイドライブ
月夜のハイウェイドライブ
月夜のハイウェイドライブ

もうずいぶん二人一緒にいるようで
おまえの匂いみんな覚えたさ

バラを持って帰ると喜ぶなら
いつか花屋と顔なじみさ

みんな思い出になるくらい
みんな思い出になるくらい
一緒に出かけよう

月夜のハイウェイドライブ
月夜のハイウェイドライブ
月夜のハイウェイドライブ

友達は旅に出たまま 戻って来ない
みんないつか離ればなれさ

また夏が来たら おばさん探して
ひと晩中 月見酒だね

みんな思い出になるくらい
みんな思い出になるくらい
一緒に出かけよう
みんな思い出になるくらい
みんな思い出になるくらい
遠くへ出かけよう

月夜のハイウェイドライブ
月夜のハイウェイドライブ
月夜のハイウェイドライブ
君は眠っちまったの? 何処らへんかね....

月夜のハイウェイドライブ
何処へも行けないかも....
何処へも行けないかも....

月夜へハイウェイドライブ 早く遠くへ
月夜のハイウェイドライブ
何処へでも行けるかも....


































ONE NITE BLUES

八月の海を背にして眠ったんだ
朝が来るまで
車の音を子守歌に


防波堤の長いベッドで

あの娘<こ> 想い出して
泣き出す心 殺して夜


大磯まで逃げられりゃ 逃げきれるはずなのに
久里浜年少 久里浜年少
ONE NITE BLUES


はめられてパクられてユニフォームと麦舎利<ばくしゃり>で
頭 塗り変えられて


事無かれの団体主義は表情の無い顔につけ変える
逆らえば 心引き裂かれて


大磯まで逃げられりゃ 逃げきれるはずなのに
久里浜年少 久里浜年少
ONE NITE BLUES


八月の夜明けの海は 
遥か遠く輝いて見えて
あの娘<こ>会えそうな気がした
あの娘<こ>すぐ抱けそうな気がした


大磯まで逃げられりゃ 逃げきれるはずなのに
久里浜年少 久里浜年少
ONE NITE BLUES
































ホ−ムタウン


ジェファーソン・エアプレインに 飛び乗って
緑の広場に 着陸できたら
風と月のCafeで お茶でも飲もう

そこが俺の ホームタウン
そこが俺の ホームタウン

気の狂った馬に 跨がって騒いで
トレビの泉で 落ち逢えたら 
ギターを手に入れ バンドで遊ぼう

そこが俺の ホームタウン
そこが俺の ホームタウン

ピンクのキャデラックで 夜明けをぶっ飛ばして
全ての支配者達 煙に巻いたら
偽物セントラルパークで 恋をしよう

そこが俺の ホームタウン 確か
そこが俺の ホームタウン

夜空の終列車に 乗り込んで 
迷子の天使達 見つけ出したら
新しい家に 連れて帰ろう
そこが俺の ホームタウン 確か
そこが俺の ホームタウン 確か
そこが俺の ホームタウン だって
そこが俺の遠い ホームタウン

俺の  ホームタウン
遠い  ホームタウン
浮かぶ ホームタウン
沈む ホームタウン
俺の ホームタウン
遠い ホームタウン.....

































夜のピクニック


魅惑の夜は お前を連れて
ベッドを抜け出して 遠い星まで歩いて行こう
知らない国への とても奇妙な
不思議なピクニック 
夜のピクニック

光差し込む夜は お前を誘って
ベッドを抜け出して どこの星へ歩いて行こう
知らない国への とても奇妙な
不思議なピクニック 
夜のピクニック

着の身気ままに 肩の荷を降ろして
あるはずのない 海で山で遊ぼう
Ah お前と この限りある
帰りの時間まで それまで

妖しい夜は お前を起こして
ベッドを抜け出して 違う星まで歩いて行こう
知らない国への とても奇妙な
不思議なピクニック 
夜のピクニック

着の身気ままに 肩の荷を降ろして
あるはずのない 海で山で遊ぼう
Ah お前と この限りある
迎えの車が来るまで それまで

光を感じた夜は お前を連れて
ベッドを抜け出して 遠い星まで歩いて行こう
知らない国への とても奇妙な
不思議なピクニック
夜のピクニック

































ジャングル



俺の秘かな遊び場さ yeah yeah yeah
確実に 獲物を撃つ
他とは違う 別の秩序とルールを 手にする
そこは無国籍 
ジャングル ジャングル ジャングル

俺の秘かな遊び場さ yeah yeah yeah
確実に 鋭気を得る
他ではありえぬ 無限の力と知恵 手にする
そこは無国籍 
ジャングル ジャングル ジャングル

滅びゆく大地を耕し
流れを変え 草木を植えよう
. . . . . . . . .
古い意識のハーレムを出て
新たな意識を祝おう 俺のジャングルで

俺の秘かな遊び場さ yeah yeah yeah
確実に 敵を撒く
他では見られぬ 無類の静けさ 目にする
そこは無国籍 
ジャングル ジャングル ジャングル

滅びゆく大地を耕し
流れを変え 草木を植えよう
. . . . . . . . .
古い意識のハ−レムを出て
新たな意識を祝おう 俺のジャングルで

入れ 俺のジャングルに 深く入れ 
ジャングル 俺のジャングル
入れ 俺のジャングルに 深く入れ 
入れ 俺のジャングルに 深く入れ 
入れ 入れ 入れ ジャングル 
俺のジャングル 深くジャングル
入れジャングル 俺のジャングル
俺のジャングル

































ム−ド21



世界中が躍起になって 騒いでるこの時期
明日のこと平和のことで 躍起になってる
経済 貿易 国交回復
宇宙開発 資源開発 その他 諸々
人々は積極的に 躍起になってる

そんな時 困ったことに 俺ときたら
そんな時代に 生きてるくせに 俺ときたら
引っ込み思案 

無い物など 何もないほど 一見豊かで
そこそこの自由も そこそこ味わえる
仕事 趣味 恋愛 芸術
スポーツ レジャー その他 諸々
その気になれば そこそこの自由も味わえる

そんな時 困ったことに 俺ときたら
そんな時代に 生きてるくせに 俺ときたら
引っ込み思案 

何も変じゃない 誰も変じゃない
俺も変じゃない 特別変じゃない
いい事も悪い事も 大差はない
それ程ない

この星のエネルギーが 底をついても
人類の進歩は 底知れぬ
科学の発達 技術の改革 頭脳の開発 意識の革命
人類の進歩は 底知れぬ

そんな時 困ったことに 俺ときたら
そんな時代に 生きてるくせに 俺ときたら
引っ込み思案 

何も変じゃない 誰も変じゃない
俺も変じゃない 特別変じゃない
いい事も悪い事も 大差はない
それ程ない

今こそ世界中が 手を結び
この星の未来を 探すとき
害対策 政治の建て直し
宇宙開発 資源開発 環境保護 諸々
今こそ世界は 目を覚ませ

そんな時 困ったことに 俺ときたら
そんな時代に 生きてるくせに 俺ときたら
引っ込み思案 

引っ込み思案 今時
引っ込み思案 
引っ込み思案 
引っ込み思案 
引っ込み思案 
引っ込み思案 Oh......



































少女達へ



ボーレ むさぼーれ ボーレボーレ むさぼーれ
ボーレボーレ むさぼーれ ボーレボーレ むさぼーれ 

優美 隠微に むさぼーれ
究極の快楽を ふしだらに
歪んで むさぼーれ とこしえの快楽を

ボーレ むさぼーれ ボーレボーレ むさぼーれ
ボーレボーレ むさぼーれ ボーレボーレ むさぼーれ 

優美 隠微に むさぼーれ
究極の快楽を ふしだらに
歪んで むさぼーれ 行きつくまでの 快楽を


ごたくならべ 強がりすぎ行く
虚しき無意味な夜より
遥かな宇宙へ 突き刺さる
希望の思想を 胸に抱いた
無邪気な君の心 信じよう Oh yeah
 

ボーレ むさぼーれ ボーレボーレ むさぼーれ
ボーレボーレ むさぼーれ ボーレボーレ むさぼーれ 

優美 隠微に むさぼーれ
究極の快楽を ふしだらに
歪んで むさぼーれ とこしえの快楽を


生き抜くスピードに 及びもつかぬ
力なき はかなき言葉より
遥か宇宙へ 突き刺さる
希望の思想を 胸に抱いた
無邪気な君の心 信じよう Oh yeah

ボーレ むさぼーれ ボーレボーレ むさぼーれ
ボーレボーレ むさぼーれ ボーレボーレ むさぼーれ 
ボーレボーレ むさぼーれ むさぼーれ むさぼーれ 
むさぼーれ むさぼーれ むさぼーれ 


































グロテスク



グロテスク グロテスク グロテスク 
グロテスク グロテスク グロテスク 

世界は 社会は グロテスク 画面は 場面は グロテスク
やり口 手口は グロテスク
レポーター キャスター グロテスク
日増しに 見出しは グロテスク
フィクション ノンフィクション グロテスク 見てる俺さえ グロテスク


グロテスク グロテスク グロテスク 
グロテスク グロテスク グロテスク 

紳士は 淑女は グロテスク 爽やか しとやか グロテスク
裕福 たらふく グロテスク
不和不和 平和は グロテスク
純愛 恋愛 グロテスク
ノーマル アブノーマル グロテスク ホザいてる俺こそ グロテスク

理由なき まして たわいなくも ありえる狂気の
無知の涙と微笑み それさえ やがて売りに 出されるだろう
俺もそれを買う 一人かも
誰もがそれを 楽しむかも
だからって どうって事でもない
そういうグロテスク

世界は 社会は グロテスク 画面は 場面は グロテスク
やり口 手口は グロテスク
レポーター キャスター グロテスク
日増しに 見出しは グロテスク
フィクション ノンフィクション グロテスク 見てる俺こそ グロテスク

理由なき まして たわいなくも ありえる狂気の
無知の涙と微笑み それさえ やがて売りに 出されるだろう
俺もそれを買う 一人かも
誰もがそれを 楽しむかも
だからって どうって事でもない
そういうグロテスク



































慕情



ほら ねぇ 来てごらん
はやく ねえ こっちへ
今夜 空に 穴があいたよ
僕らが 通り抜けられそうな

ほら ねぇ 見てごらん
はやく ねえ 窓の外
今夜 空に 穴があいたよ
そっと向こう側 覗いてみようか

君の大切な人が 僕らを見て 微笑んでる
さあ 泣きやんで
君の大切な人が 僕らを見て 微笑んでる
さあ 泣きやんで みんなを連れて

ほら ねぇ 来てごらん
はやく ねえ 見てごらん
今夜 空に 穴があいたよ
僕らが 通り抜けられそうな.....


































ねぇ HISAKO




悪い夜の熱に うなされながら
帰って来たのさ 今夜

深い夜空の明かりに 導かれて
危ない橋渡って 帰ったのさ

Oh 声の限り yeah 叫べばいいさ
すぐに行くよ 急いで行くよ
助けに行くよ ねぇ HISAKO

悪くはない人達に 見送られながら
今日で この旅 終えるのさ

消えてしまいそうな 帰りの道たどりながら
峠を越えて 帰ったのさ

Oh 声の限り yeah 叫べばいいさ
すぐに行くよ 急いで行くよ
助けに行くよ ねぇ HISAKO

暗やむにっくき6月を 飛び越えて
まぶしく輝く 光の大地を訪ねよう
涙の河など 振り返らずに

悪い夜の熱に うなされながら
危ない橋渡って 帰ったのさ

舞い上がってった天使と 引き替えにまぎれ込んだ
この見知らぬ 迷子の命育てよう

Oh Woo Woo
すぐに行くよ 急いで行くよ
助けに行くよ ねぇ HISAKO


































自由の風



シャバダバダ シャバダ シャバダバダってば
シャバダバダ シャバダってば
シャバダバダ シャバダ シャバダバダってば
シャバダバダってば

何はなくても ここにお前といれば
今までと違う 明日の景色に 出会えるかも
ここにいればこそ とにかく
娑婆<しゃば>の風を浴びてればこそ

シャバダバダってば



































エピローグ


たかが知れてる社会に たかが知れてる自由さ
けちな都をうつむき歩く 俺もたかが知れてる
去り行く君に エピローグを捧げよう

誰を責めても虚しい 昨日を悔やんでも意味がない
けちな都で浮いてる 痩せた空元気も虚しい
去り行く君に エピロ−グを捧げよう

まぶしい季節を歌おうか 燃えたぎる情熱を
蒼く輝く都を駆け抜ける 遠い夏がまぶしい
去り行く君に エピローグを捧げよう

思い出せない人達 忘れられないひととき
けちな記憶にさまよってる 古き新しさなぞってる
去り行く君に エピローグを捧げよう

今夜ダンスを踊ろう ここでダンスを踊ろう
今こそダンスを踊ろう もう一度ダンスを踊ろう 今こそ

とぼけてあそこにつっ立ってる奴は 新宿署の敏腕さ
たむろす都 浮かれ道行く 俺達が鼻につくらしい
去り行く君に エピローグを捧げよう

誰も数を競ってる どこも数で争ってる
けちな都を駆け抜けりゃ 俺も数に怯えてる
去り行く君に エピローグを捧げよう

今夜ダンスを踊ろう ここでダンスを踊ろう
今こそダンスを踊ろう もう一度ダンスを踊ろう 今こそ

たかが知れてる社会に たかが知れてる自由さ
人の為にと家を出といて 自分の為に生きてる
去り行く君に エピローグを捧げよう

たかが知れてる社会に たかが知れてる自由さ
けちな都をうつむき歩く 俺もたかが知れてる
去り行く君に エピローグを捧げよう

去り行く君に エピローグを贈ろう
去り行く時代へ エピローグを捧げよう
これが君へのプロローグになれ
去り行く君へ エピローグを捧げよう.....




































ホーボーへ (アメリカン・フォークソングへのレクイエム)



他へ行こう 他へ行こう 他へ行こう
他へ行こう 他へ行こう 他へ行こう
どこへでも ホーボーへ ホーボーへ

この太った産業社会の 屋根の下
無数の夜の隠れ家で うごめく夜の兄弟
夢敗れし人の住む街
皿の上 何よりのご馳走 好物の自由を食べて

他へ行こう 他へ行こう 他へ行こう
他へ行こう 他へ行こう 他へ行こう
どこへでも ホーボーへ ホーボーへ

そのきらめく鉄と石 セルロイドの森の中
命の家族の待つ戸口で 眠りにつく夜の兄弟
夢壊れし人の帰る丘
皿の上 何よりのご馳走 好物の自由を食べて

他へ行こう 他へ行こう 他へ行こう
他へ行こう 他へ行こう 他へ行こう
どこへでも ホーボーへ ホーボーへ

月の砂漠でいっぷく 太陽の岸辺で水浴び
ダイヤモンドの墓石枕に キャンプする夜の兄弟
夢追いし人の幻の街
皿の上 何よりのご馳走 好物の自由をさあ食べて

他へ行こう 他へ行こう 他へ行こう
他へ行こう 他へ行こう 他へ行こう
どこへでも ホーボーへ ホーボーへ
ホーボーへ ホーボーへ 方々へ
































スケッチ '89・夏


お別れの 何か告げてる 目の涼し
お別れの 何か告げてる 目の涼し
 車は今 調布インターチェンジにさしかかったところさ


菊手向<たむ>け 心遣<づく>しの 野辺送り
菊手向<たむ>け 心遣<づく>しの 野辺送り
 車は今 調布インターチェンジにさしかかったところさ

コラもっと 日陰歩けよ 黄泉<よみ>の道
コラもっと 日陰歩けよ 黄泉<よみ>の道

車は今 調布インターチェンジにやっとさしかかったところさ


ラジオと 武蔵野の夕空と
そしてお前が 夏の終わりを知らせてる

夏..... 夏..... 夏.....
コラ! hey コラ! コラ! .....




































潮騒



誰もお前を からかったりしない
お待ちかねブラウス 夏の風にひる返して
今日一日 海にでも居ようよ ねぇ
遥か沖まで ボートを漕ぎだそうか
二人だけでさぁ

誰もお前を 傷つけたりしない
待ちわびた麦わら 夏の光にひる返して
今日一日 海にでも居ようよ ねぇ
遥か沖まで ボートを漕ぎだそうか
休みの国まで

過ぎ行く太陽の季節
過ぎ去る太陽の季節
過ぎ去った太陽の季節

誰もお前を 追いつめたりしない
はき忘れサンダル 夏の坂道駆け下りて
今日一日 海にでも居ようよ ねぇ
遥か沖まで ボートを漕ぎだそうか
休みの国まで

過ぎ行く太陽の季節
過ぎ去った太陽の季節
短い太陽の季節
過ぎゆく太陽の季節..........

































Route61


ゆうべみた夢遠く浮かぶ
青空に延びるハイウェイ61
何処へでもたどり着けそうな
暖かな風の日、ミシシッピー、デルタ、メンフィス
oh oh ohそれで僕の唄は何処に.....

ゆうべみた夢 遠くうかぶ
落葉の舗道、カントリーな午後
きっとあの人も暮してみたくなるだろう
ゆるやかな陽射しの日
テネシー、ナッシュビル
oh oh ohそれで僕の唄は何処に.....

ゆうべみた夢遠く浮かぶ
街角にあふれるガンボなリズム
陽気な心もっと手に入れられそうで
Ah映画のような雨の日、ニューオリンズ
oh oh ohところで僕の唄は何処に.....

目を閉じれば遠くうかぶ
深い夜空に流れるメロディー
何処から来たかさえ忘れそうさ
凍えるほどの雪になった日、セントルイス
oh oh oh
それで僕の唄は何処に.....

ゆうべみた夢遠くうかぶ
はるかに横たわるミシガン(湖)の水
いつまでも終らせたくない
ジャンプするブルースな夜、イリノイ・シ・カ・ゴ!

目を閉じれば遠くうかぶ
青空にのびるハイウェイ61
何処へでもたどり着けそうな
どちらに曲がろうかあの十字路<クロスロード>を


ところで僕の唄は何処に.....
それで僕の旅は何処へ.......



































ムーンライト・ドライブ



迷い込んだ山道 高原へ抜ける道
立ち込めてきた霧の中 出かけてきた午後
あの娘キャンディーしゃぶりながら
虚ろな夢の中
窓の外 もぬけの殻 人気<ひとけ>のない家々

覚えてるのは車の中 聞こえてた ムーンライト・ドライブ
覚えてるのは車の中 聞こえてた ムーンライト・ドライブ

ドリームランドの看板のところ右に曲がれば
きっと多分あの頃に帰れたはずなのに
虚ろな夢の中 うろついてるうちに
見落としたの かも
現実のドリームランドへ続いてるスカイライン

覚えてるのは車の中 聞こえてた ムーンライト・ドライブ
覚えてるのは車の中 聞こえてた ムーンライト・ドライブ

高原に建つそのホテルへ電話ひとつ入れれば
未来を見渡す眺めのいい部屋 予約出来たのに
深い霧の中 立ち尽くすうちに
気が変わったの かも
今来たこの道と別の道 走ってみたくて

覚えてるのは車の中 聞こえてた ムーンライト・ドライブ
覚えてるのは車の中 聞こえてた ムーンライト・ドライブ

迷い込んだ山道 高原へ抜けるはずの道
立ち込めてきた霧の中 出かけてきた午後
あの娘キャンディーしゃぶりながら
虚ろな夢の中
窓の外 もぬけの殻 人気のない家々

覚えてるのは車の中 聞こえてた ムーンライト・ドライブ
覚えてるのは車の外 咲いてたもちろん“ヒヤシンス”



































BABY LOVE


oh oh 離れたくない
毎晩 毎晩 毎晩
oh oh 離れたくない
毎晩 毎晩 毎晩
もう お前を離さない
毎晩 毎晩 毎晩

子供みたいな気分で 突っ走ってる夜さ
明日の朝まで 大人にならないで

oh oh 離れたくない
毎晩 毎晩 毎晩
oh oh 離れたくない
毎晩 毎晩 毎晩
もう 離したくない
毎晩 毎晩 毎晩

不思議な自由を身にまとった
二人の筈だから
子供みたいな気分で 何を約束しよう


汚れなき悪戯の 夜の果てへ oh oh
星空のドライブ

冷たい暖かさ知ってるから
こわれそうな強さが解る
遠く離れる程に やさしさ近づいてくる


汚れなき悪戯の あの頃へ oh oh
星空のドライブ

oh oh 離れたくない
毎晩 毎晩 毎晩
oh oh 離れたくない
毎晩 毎晩 毎晩
oh oh 離したくない
毎晩 毎晩 毎晩
oh oh 離れたくない
片時も 片時も
毎晩 毎晩 毎晩 お前にここにいてほしい<Wish You Were Here>
毎晩 毎晩 輝いて 輝いて Crazy Diamonds......。



































向日葵 10.9



向日葵の舟に揺られて 一足お先に
次の夏に居るお前 ちょっと覗きに行った

あいにくとお前は その日留守だなんて
そんな事の無いように 祈り乍ら

向日葵の舟を下りて 直ぐにその足で
次の夏にもあるはずの お前の家を訪ねた

幸いにしてお前は そこに確かに居てくれて
前の夏と同じシャツを着てた 俺の好きな

Summertime blues
Summertime blues

向日葵の舟に乗せて お前を連れて戻った
前の夏に歩いた 確かな時間に

あいにくとそこは とっくに秋だったけど
幸いにして空は青く澄んでた 嘘のように

Summertime blues
Summertime blues

向日葵の舟に乗って 一足お先に
次の夏の景色を ちょっと覗いた夜さ

Summertime blues
Summertime blues



































HUSTLE



ハッスルする トコトン
ハッスルする 兎に角
ハッスルする 矢庭に
ハッスルする まだまだ

引き出しの中にある 俺のバイオリズム

ハッスルする 朝な夕な
ハッスルする 夜な夜な
ハッスルする 年がら年中
ハッスルする まだまだ

引き出しの中にある 俺のバイオリズム

ほらごらんよ 流れる雲 あの広い空
そのうちなんとかなるだろう.....か?

ハッスルする トコトン
ハッスルする 発破かけて
ハッスルする ヘロヘロでも
ハッスルする まだまだ

引き出しの中にある 俺のバイオリズム
引き出しの中から消えた 俺のバイオリズム



































さまざまな自由



帰りの雨は矢継ぎ早で
あげくの果ての雷さ
本当はみんなに逢いたい気もしたが
誰にも逢わないってのも魅力的だった

夜の雷はフィナーレのようで
その時俺はちょっとクールになったのさ
びしょ濡れのハイウェイなら何もかも
泣き出したい程に 唯々 綺麗さ

次のインターチェンジで降りてしまえば
お手頃な自由を楽しめたのに
だけど 流れに乗って急いだのさ
落ち着きのある暮らしに
それは多分あり得ない事でも

夜の雷はフィナーレのようで
その時俺はちょっとクールになったのさ
びしょ濡れのハイウェイなら何もかも
泣き出したい程に 唯々 綺麗さ

俺は住所不定で 彼女は情緒不安定
誰もが探してる分譲中の自由を
思いがけない答えがハイウェイに転がってるなんて
人気<ひとけ> のないドライブインの古いラジオが唄ってる
真夜中の自動販売機に群がってみても
その夜の答えはとっくに売り切れてる

夜の雷はフィナーレのようで
その時俺はちょっとクールになったのさ
びしょ濡れのハイウェイなら何もかも
泣き出したい程に 唯々 綺麗さ

気がつけばフロントガラスの窓の外
天国行きの列車が横切ってく
心に青い空 描き出せる時
誰もがその列車の切符を手にするらしい
明日たそがれる20世紀に手紙を出して
この星の若さの晩年から返事をもらおう
この星のどこかを走ってる
人も国も みんな居場所を探して
月夜にせめて彼女を抱きたい
未来の川岸のパーキングに車を寄せて

夜の雷はフィナーレのようで
その時俺はちょっとクールになったのさ
びしょ濡れのハイウェイなら何もかも
泣き出したい程に 唯々 綺麗さ

夜の雷はフィナーレのようで
その時俺はちょっとクールになったのさ
びしょ濡れのハイウェイなら何もかも
泣き出したい程に 唯々 綺麗さ



































はぐれた遠い子供達へ



Ah いつかはぐれたお前に また会えるなら
Woo 例えば処<ところ>は 雨のセントラルパーク
メリーゴーランドで遊んでる 妹の様なお前に
“ライ麦畑”辺りで そっと会ってみたい

Ah いつかはぐれたお前に また会えるなら
Woo 例えば季節は ジングル・ベルの頃
風の原っぱで遊んでる 男の子の様なお前に
“クリスマスの思い出”プレゼント 届けに行ってみたい

Ah 今夜 窓の向こう 綺麗な月があんなに滲んでる
破けそうな ハートせつなく ペーパームーン
Ah 今夜 あの曲がり角から 懐かしげな唄がこんなに響いてくる
かすれそうな 口笛せつなく ラブ・ソング

はぐれた遠い子供達への ラブ・ソング

Ah いつか失くしたお前と また会えるなら
Woo 例えば処<ところ>は 遥かな河ミシシッピー
筏<いかだ >を漕いで下って行く 腕白坊主の様に
見知らぬ時間へ冒険さ ハックルベリィ・フィン探して


Ah 今夜 窓の向こう 綺麗な月があんなに滲んでる
破けそうな ハートせつなく ペーパームーン
Ah 今夜 あの曲がり角から 懐かしげな唄がこんなに響いてくる
かすれそうな 口笛せつなく ラブ・ソング
Ah 今夜 屋根の彼方 綺麗な月があんなに滲んでる
破けそうな ハートせつなく ペーパームーン
Ah 今夜 空の彼方 遥かな河ミルキーウェイ下ろう
遠い何時<いつ>かの ハックルベリィ・フィン探して
Ah 今夜 時間の彼方 遥かな河ミルキーウェイ下ろう
遠い何時<いつ>かの ハックルベリィ・フィン追いかけて..........




































ランタン



ヘンドリックスなら Woo まだやってる
あそこなら Woo いつでも大丈夫
ちょっと寄ってみないか
ヘンドリックスなら 夜通しやってるから

二千光年の宇宙の 重たいストーン
いつでも Woo 気が向いた時に
ちょっといってみないか
ヘンドリックスで 揺れてるランタン

小さな羽を広げ Angel
ゆっくり舞い降りて Angel
FOXY LADYに会ったら
よろしく伝えといてよ
あの人だけには 伝えといてよ
近いうちに相談したいと......
近いうちに相談に乗ってと......

風に鳴いてるマリー
霧のサリーをまとって
紫に染まる Woo 砂の城に住んでる
ちょっと経験しないか
ウインドペインで 揺れてるランタン

小さな羽を広げ Angel
ゆっくり舞い降りて Angel 
FOXY LADYに会ったら
よろしく伝えといてよ
あの人だけには 伝えといてよ
近いうちに相談したいと......
近いうちに相談に乗ってと......

ヘンドリックスなら Woo まだやってる
あそこなら Woo いつでも大丈夫
ちょっと寄ってみないか
ヘンドリックスは 夜通しやってるから
たぶん ヘンドリックスなら 夜通し大丈夫

三軒茶屋辺りでどうだろう......




































新宿を語る 冬



西口バスターミナル 乾いた空に冬が舞う
ホテルの電光クリスマスツリー 雪の休暇を唄ってる
北風に負けた レインコート
それでも 骨まで凍る程でもない
“全部洗いおとせる雨でも降らないか”って
君が言った

ジングルベルのアーケード ラッシュの人波で暖をとる
地下鉄のメロディにさえ市民権
そんなはずじゃないだろうビートルズ
家路辿り疲れた古い皮靴
それでも 履き捨てる程にはボロでもない
“半端な白夜を突き破る炎の柱立てばいい”って
君が言った

ネオンの花園デコレーション ヤクザの裏道にもR&R
コーヒーの香りにつられても 閑古鳥とばしたコルトレーン
誘惑の華なら よりどりみどり
それでも 真っ赤に染まる程でもない
“敷きつめられた路上の石畳飛びかえばいい”って
君が言った

戦い済んで陽が暮れて ビルの谷間にも除夜の鐘
テロルの季節の足音が 夜明けの舗道に蹲<うずくま>る
素顔を忘れたこの街
それでも 愛しい寝顔さらしてる
“眠れる夜を覚えたら その日この街の灯が消える”って
誰か言った..........

西口バスターミナル 乾いた空に冬が舞う
小田急ハルクの電光クリスマスツリー 雪の休暇をはしゃいでる




































ラジオ



北風が窓を叩いてる夜
どれだけの人を起こすのだろう
その曲がもし聞こえてきたなら
もう一度ヴォリュームあげるだろうか ラジオの

北風が窓を叩いてた夜
どれだけの人を起こしたのだろう
その曲があの時 聞こえてきたあの時
ヴォリュームいっぱいあげただろう ラジオの

それがお前の ミリオン・セラー
その曲がお前だけの ミリオン・セラー
永遠のロング・セラー

それがお前の ミリオン・セラー
その曲がお前だけの ミリオン・セラー
永遠のロング・セラー

北風が窓を叩くだろう夜
どれだけの人を起こすのだろう
その曲がもし聞こえてきたなら
ヴォリュームいっぱいあげるだろうか ラジオの

そんな曲がもし聞こえてきたなら
ヴォリュームいっぱいあげるだろうか ラジオの
こんな曲がもし聞こえてきたなら
ヴォリュームいっぱいあげておくれよ ラジオの

そのラジオの......
お前のラジオの......
窓辺のラジオの......
車のラジオの......
職場のラジオの......。





































特別な夏



目を閉じれば 海が横たわる
溢れるほどに 満ち潮に
冬凪のビーチに 腰を下ろせば
お前が歩いて やって来そうさ
いつかの特別な夏から

二人見た 輝く幻が
今 陽だまりに うずくまる
冬ざれた石段 たたずめば
みんな昨日の ことのようさ
いつかの特別な夏さえ

あの時走り続けた 青空の道
その深い空から 聞こえた声

それは ケ・セラ・セラ......
ケ・セラ・セラ...... なるようになれ

目を開ければ 海は引き潮で
何も無かったような 夢の跡
春めく玄関 開け放てば
俺も帰って行きそうさ
いつかの素直な夏へと

あの時走り続けた 青空の道
その深い空から 聞こえた声

それは ケ・セラ・セラ......
ケ・セラ・セラ...... なるようになれ

ケ・セラ・セラ......
ケ・セラ・セラ......
なるようになる............




































DREAMS TO REMEMBER



夜風が窓から忍び込む
あたらしい夏を連れて

何処<どこ>からか届きそうな
あの涼し気な明日を道連れて
いくつかの 物悲しくも
ちょっと陽気な物語に綴り込んで


君は何を呟いた あの日
君は何を呟いた 

Dreames to remember
想い出は...... それは......

バベルの塔なら打ち砕き
また新しい意思を積む
ガキの日探した家
あの嘆きの壁に刻まれた
小さな宝石よ
子供のままの大人として

君は何を呟いた あの日
君は何を呟いた

Dreames to remember
思い出すのは...... それは....


夜風が窓から忍び帰る
古い夏を連れ出して
何処<どこ>かへ届きそうな
あの涼し気な昨日を道連れて
いくつかの 物悲しくも
ちょっと陽気な物語に綴り込んで

君は何を呟くだろう その日
君は何を呟くだろう

Dreames to remember
想い出なんて.... それは....

































カビ

夏に冬を過ごし 冬に夏を感じる
インテリアの植物園でも心なごむ

気持ち沈む日のワイン 身体もたぬ日のビタミン
ビデオとオーディオセットで夜を越せる

まぎれ込んだ幸福<しあわせ>なら失いたくない
生まれながらの不幸福<ふしあわせ>なら逆手に取っとく
めぐまれてる分だけ やさしく出来る

カビの生え出す頭 カドの取れ出す頭
メカニックにたけてりゃ そりゃ暮らしも高まる......が

まぎれ込んだ 幸福<しあわせ>なら失いたくない
生まれながらの不幸福<ふしあわせ>なら逆手に取っとく
めぐまれてる分だけ やさしく出来る

うまくいかない事 人のせいにしとく
プラトニックの女達じゃ 腰もうずく

夏に冬を過ごし  冬に夏を感じる
インテリアの植物園でも心なごむ

黴 華美 過美 黴 華美 過美
黴のの生えだす頭 角のとれ出す顔

黴 華美 過美 黴 華美 過美
美し過ぎて君がこわい